とよぶ

歌いながらコード書いてます

ResourceBundleのデリミタ

先日ちょっとハマったのですが、ResourceBundleで利用するプロパティファイルではデリミタが2つ使えるそうな。

それは皆さんおなじみ
"="

あんまりおなじみではない
":"

たまたま「URL=value」的なプロパティファイル書くことがあって。

解決策は普通にエスケープすることです。

# 以下のように書くと意図した形にならない
http://test.com/=0
# つまり":"に関してはエスケープすればおk
http\://test.com/=0

もうちょっとResourceBundleのコード読んでみようと思います。

JDKのソースって美味しいですよねぐふぐふ←

広告を非表示にする